防犯カメラを設置して犯罪を未然に防ぐ!|大切な家を守るために

案内

故障に関すること

ドアノブ

自動ドアが開閉する場所に障害物があると、ドアが故障してしまうことがあります。障害物によって自動ドアが故障した場合には、まず障害物を取り除いてそれから業者に修理を依頼しましょう。

カメラの防犯効果など

監視カメラ

防犯カメラは犯罪行為の証拠を取るための存在だと認識されがちです。確かに実際に犯罪が起きた場合には、防犯カメラが撮影した映像が犯罪の証拠として使用することが可能です。しかし実は防犯カメラは証拠を撮影するためだけではなくて、犯罪を未然に防止するという役割も担っているのです。例えば住宅に侵入しようとする泥棒がいるとして、その空き巣は犯罪が発見されるのを恐れていることが大半です。犯罪が発見されるのを恐れている方が防犯カメラを泥棒が発見した場合は、その防犯カメラがある場所からは進入するのを諦めるケースが多いと言われています。つまり防犯カメラが設置されていることによって、泥棒による空き巣を未然に防げるということなのです。

防犯カメラを設置する場合には野外に設置するのか屋内に設置するのか考慮しておくことが大切です。何故なら野外に設置する場合に防水加工をしていないカメラを設置してしまうと、カメラが水に濡れて壊れてしまうことも考えられるからなのです。せっかく設置したカメラが壊れてしまうと防犯効果は成り立ちません。そのため野外に防犯カメラを設置する場合には雨にぬれても大丈夫なカメラを設置するか、カメラが雨に濡れてしまわないように工夫を行なうと良いでしょう。防犯カメラを設置する場合には、カメラを自分で購入して設置するかセキュリティ会社の防犯カメラ設置サービスを利用することになるかと思われます。自分に適した方法でカメラを設置すると良いでしょう。

防犯の為に行なうこと

鍵

泥棒の侵入を防ぎたいという方は、ピッキングに時間のかかる鍵を船橋エリアの鍵屋に依頼して取り付けてもらいましょう。ピッキングに時間がかかることによって泥棒は侵入をためらいます。

泥棒対策に関すること

砂利

防犯砂利をまくことによって家のセキュリティーを向上することが可能です。何故かと言うと防犯砂利を泥棒が踏むと音が発生するからなのです。音が発生すると侵入が気づかれてしまいます。そのため泥棒が嫌がります。